カラー剤の種類について~ヘアマニキュア~

今日は『酸性染毛剤』について書いていきます

酸性染毛剤=ヘアマニキュアですね

メリット
・マニキュアに入ってるコーティング剤のお陰で艶々になる
・髪のメラニンを破壊しないためダメージが少ない
・ヘアカラーよりはカブれにくい(ヘアマニキュアに配合されるタール色素でカブれる場合もあり)
・鮮やかな色、絶妙に淡い色が出せる
・痛みが少なく色を入れたり、暗くできる

デメリット
・黒髪など脱色されてない毛には色が見えにくい(色がつきにくい)
・マニキュアが酸性なため、使用するマニキュアのPHによっては髪が収斂されて細くなる(そのため毎回毛先までのマニキュア塗布はオススメしません)
・肌に付くと取れにくい(数日残る)ため自分でも塗りにくい
・カラーの色味を変えにくくなる
・髪を明るくできない
・カラー、パーマ、縮毛矯正など施術の弊害になる場合がある
・マニキュアのコーティングが落ちたとボサボサになりやすい

というのが特徴です

どんな方にオススメなのかと言うと。。。
・ビビットな色! や淡い可愛い色にしたい!など奇抜なカラーをしたい人(きゃりーぱみゅぱみゅみたいな)
・アレルギーだけど白髪を染めたい人
・髪のダメージを気にされてる方(お客様の髪を今後どうしたいのか?によって変わるため、ダメージしにくいからマニキュア!というのはオススメしません)←これは美容師さんと要相談ですね

今日の書いた内容を踏まえて、ご自分の目的に合わせたカラー選びが重要です(^ー^)

関連記事

過去記事

ピックアップ

  1. 綺麗な髪を目指すために大切なこと

  2. Vol.67 毛先ワンカールで軽やかミディ

  3. お客様の声 6

  4. Vol.49 ダメージゼロのカラーリングとパーマ復活カット

  5. Vol.20 ショートは寒い

  6. Vol. 99 癒された~

SCHEDULE

PAGE TOP